マンションの大規模修繕の選び方をココに伝授

マンション

集合住宅の定期的な修繕

間取り図

築年数のたった集合住宅

中古の場合はもちろんのこと、新築の場合でもついて回ってくるのがマンションの大規模修繕です。一般的に新築から12年程度たったマンションであれば一回目の大規模修繕が行われることになります。紫外線や雨風などによって受けた外装部分のダメージを修繕していくことはもちろんのこと、耐震性を高めるための工事もこの時に行っていくのです。もちろん、この時のためにそれぞれ修繕費を積み立てているわけですが、実際にかかる費用はできるだけ抑えておきたいもの、そこでおすすめしていきたいのが大規模修繕のコンサルティング会社利用です。コンサルティング会社はマンションのどの部分に修繕が必要になるのか調査し、実際の工事を監理していく役目を負っています。

会社選定のメリット

ただ安さを求めるだけでなく、その工事が適正に行われているのか、そして安全性は確保されているのかをチェックしていくことが出来るため住人の安心感も高まります。そしてこの大規模修繕のコンサルティング会社は自分たちで選択することが出来ます。すべてをマンションの管理会社に丸投げするのではなく、公募によって選択肢にあがったコンサルティング会社を通すことで、安全性と同時に費用削減のメリットも得ることができるのです。時には会社によって数十万円、数百万円の見積額の差が出てくることもあります。マンションの大規模修繕は避けられないもの、だからこそ住人や管理者自身がしっかりと準備をしてコンサルティング会社を選定していくこと大切になってくるのです。